2015年6月9日火曜日

あぶら屋 #01 (茨城県水戸市)

まっ昼間に「昭和レトロな夜のお店」!?(^^;


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


さてさて、まだもう少し続きます、短期集中「茨城シリーズ」

今回お届けするのは、ちょっと前の月曜日のお話です。

いつものようにいつものごとく、水戸遠征に来たワタシ。

この日は前々から狙ってたお店にようやく行こうと思ってたんですが、相変わらずの無計画&リサーチ不足が災いし、まさかの「定休日」にぶち当たりまして(´д` ;)←

うむー、仕方がない。
んでは、、、。

で、なぜか突然思いついたのが、こちらでした♪

(↑公式HPリンクしてます)
はいはい、ここは水戸市のほぼ中心部。

JR水戸駅北口から西の方に約2キロくらいのところの国道50号線沿いにあります商業ビル1階の、昨年暮れにオープンしたばかりの「屋台村的飲食テナント」ですね。

ワンフロアは10区画に区切られてまして、それぞれ和洋様々な飲食店(とーぜん飲み屋メイン)が、文字通り「軒を連ねて」います。

そういえば、こちらにはちょっと前まで、あの竹岡式ラーメンの「醤家」さんも入られてましたねー。
(今はこちらからは出て元の店舗に戻られてます)



中はもう、いかにも「昭和の夜の横丁」的な雰囲気の、レトロ感ある佇まい。

外は明るい日差しの真っ昼間なのに、突然「ラナルータ」の呪文唱えちゃったみたいですww

ただ、もちろん暗いとはいえ大半のお店が「飲み屋さん」で、営業は夜から。
今回お邪魔しましたのは、唯一昼間から営業されてましたこちらっ!

「あぶら屋」さん
はいはい、店名読んで字の如し。
ちょっと珍しい「油そばの専門店」ですよ。

こちら「みと楽横丁」のオープン時から営業されてましたお店で、この春からランチも始められたようです。

飲み屋街の〆のラーメン的なお店?と思いきや、意外と評判よかったりするので、一度来てみたかったんです(^^)

めにゅ。

ちょっと前にリニュアルされたみたい。
まだ「COMING SOON」なところもありますが、基本的な味付けは同じで、トッピング次第でちょこちょこお値段変わる感じでしょうか?

夜だけ「しょうゆらーめん」も出されるのは、おそらく昼と夜で作り手が変わるのかな?

昼間は丁寧で愛想のいいおかーさんが、お一人でやってらっしゃいました。

うんちく。

なるほど、とりあえずしっかりまぜて、熱いうちに戴きなさいとw

卓上アイテムずは、なかなかいろいろ揃ってますね。

訪問時は先客4?5人いたんですが、ちょうど食べ終わったタイミングだったようですぐお帰りになられてしまい、その後ワタシとお供の人(謎)だけに。

んで、おかーさんとどーでもいい話しながら待つこと5分くらいですかね?

「おまちどおさまでしたー」

あぶらそば(ぶた)+温玉
はいきたー♪

いわゆる「汁なしまぜそば」ですが、巷で流行りのびっくりドンキー「がっつりジャンキー」(笑)ではありません。


熱々の麺の上には
チャーシュー・ネギ・メンマ・ナルト・刻み海苔
と一般的なラーメンと変わらない具材が載ってまして。

まんま「昔ながらのラーメンのスープなし」
て感じですね。

「ぶた」はひらひらのロースチャーが1枚。
ちょっとサミシイかも(^^;

まーとりあえず、マニュアル通りにまぜまぜしまして………

うん!ツルモチの中太麺はちょうどいい茹で加減で、キレのある醤油ダレと甘みとコクのある油がいい具合に絡んで、とってもおいしい(*^^*)

途中でラー油とからしマヨで味変しまして、さらにまぜまぜ「ねろんねろん」にしてラストスパート!

これでもジャンキーさ、パンチ力はまだ抑えめな印象ですが、全然オッケーですね。
てかむしろ、ワタシ的にはこのくらいのベースの方が好みかも♪

ただし「飲み屋街の中の〆の一杯的」なお店の性格上、量は少なめです。

当時は「他」にも予定してたのでw、普通盛りデフォでしたが、ここ一店だけだったら「麺大盛り+追いメシ」は必須かと(笑)

スープも付いてきますよ。
これもなかなかうんまいですねー。

おそらく「夜メニューのしょうゆらーめん」用と共通だと思いますが、あっさり薄味の鶏スープは、ちょい濃いめの油そばのカエシの味をリセットするのにちょうど良かったです。

浅漬けのお新香はサービスで。

キュウリと白菜と大根でさっぱり♪

参考までに、お供の人(謎)は「とり」をオーダー。

なるほど、鶏そぼろなんですねー。

「まぜまぜ」すること考えると、もしかしたらこっちの方が正解だったかなー。

次回の課題ですね(^^)


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


いかにもな「夜っぽい系」のお店ですので、お酒飲まないワタシにはややハードル高かったんですが、なんとなく思い立って、思い切ってお邪魔してみて良かったです。

昼間は他のお店やってないのでちょっと寂しい雰囲気でしたが、この「レトロ感」イイカンジでしたし、今度はぜひ「にぎやか夜の部」に来て、他のお店でおいしいおつまみパクパクした後の、ホントに「〆」とかで、ぜひまた来てみたいなーと思います。

ごちそうさまでした。




あぶら屋

住所:水戸市大工町1丁目3-2かわかみビル1F みと楽横丁内

4 件のコメント:

  1. こんにちは~

    うん!

    夜は、賑やかそうですね!!
    この手の商業施設は、長期営業が・・・って思いますが!大きい街なら大丈夫なんでしょうね!

    油そば・・・・実食しなくては!!

    未体験ゾーンに!!

    まずは、地元のヘビーなお店からですね!

    返信削除
    返信
    1. こちら、水戸の歓楽街の入口っつー結構好立地にあるんですよ。
      なので、夜はなかなか盛り上がるっぽいです。
      こちらの油そばは、ジャンキー系ではないので誰でも食べやすいですね。

      あちらの油そば。。。早く食べてくださいッッッ!!!!!(笑)

      削除
  2. やはり、飲んだ後のお客さんがメインでしょうかね^^ ならば、量が少ないのも当然かな・?

    一直 残念でした^^  月と木がお休みですから・・  

    謎の同行者?)^o^(  

    返信削除
    返信
    1. はっきり量は聞かなかったんですが、ググってみると200gだそう………となるとそんなでもないんですが、汁なしだと少なく感じちゃうですね。

      あちらは次の機会に、、、でも光◯さんの方が先になる予感も(笑)

      削除