2016年2月4日木曜日

「下からカメラ」してきちゃった話((*´ε` *))

あの「恐怖の体験」は、ここから始まったのでした………(笑)


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


アメブロネタ:怖い体験したことある?

ええ、そりゃもう、これ以上はないくらいに『怖い思い』つい昨日してきましたですよ!!


******************************


つーわけで(・Θ・;)

まずは、さかのぼること去年の12月上旬ころのお話。

ワタシもいちおー「イイトシ」ですので、実は毎年『人間ドック』なるもの、受けております。

ちょっとした「持病」的なものがありますので、その辺が数値に出てしまうのと、この「豊満バディw」のおかげでもれなく「メタボ判定」ついてしまうのは、毎回おなじみの結果ではあったんですが、今までは経過観察的なカンジで特に心配になるようなアレはなかったんです。

がっっっ!

今回なぜかこんなところで「ひっかかって」しまいました。

検査直前二日間の「便」の検査なんですが、コレってどちらか1回でも「陽性」が出てしまうと『精密検査』の対象になるんだそうなんです。

う~ん、、、コレばっかりはしょうがないですね。

「那須赤十字病院」さん
(↑公式HPリンクしてます)
しょうがないので、2ヶ月に一度(例の持病的なヤツで)通ってます「大田原の日」の時に、担当医の先生に結果表見せてお話聞きます。

「どんなもんなんすかー?」

「あー、1回だからね。まーその時の体調や便の状態で出ちゃうときあるよね」

はー、そうなのか、んじゃあんまり気にしないでいいのか………な?

「でもさー、ごっつさん今まで『大腸内視鏡』やったことなかったよね?いい機会だから、一回やっとけばー?」

うえ~!!それってもしかして「下からカメラ」だよねぇ???

ヤダヤダ!!そんな「ツッコまれる」の、超ヤダっすー(≧△≦)

「え~!?でもダイジなんでしょ?今回は経過かんさ………」

「大腸ガンって全く自覚ないんだよねー、で、わかったときは手遅れなんだよねー、そうだったらシャレになんないし、やっといた方がいいと思うんだけどー」

………そんなこと言われたらさぁ

「………わかりました、お願いします(v_v;」

としか言えないじゃん。

かくして「Xデーは2016年2月3日」に決定しまして。

看護師さんやら技師さんやらからアレコレ注意点を伺いまして。

その後不安で不安で………夜は8時間しか寝られず、ごはんも毎日3食ずつしか食べられない日々(笑)を過ごすことになるのでした。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


いやでもなんでも、時だけは無情に過ぎゆくものです。

いちおー参考までに、1月下旬からは出来るだけ外食控えまして、特に1月最終週は麺たかちゃんでラーメン喰った程度(←そこがバカだと ^^;)で抑えまして。

【2月2日(検査前日)の話】

検査の時は、当然のことながら『お腹にはなにも入ってない状態』で望まなければなりません。

そのため、あらかじめ病院の売店(那須赤十字はローソンが入ってます)で、検査食であるコレを購入。

ちなみに確か1箱1300円?くらいだったと思います。

はいはい、これは箱に書いてあるとおり「大腸内視鏡専用検査食」でして、検査前日の3食はこれだけしか食べられません。

中にはちゃんと説明書き

「いつもの食事と同じようなおいしさとボリューム」

ては書いてあるけど………。

ま、レトルトですからね(^^;

朝食は

「鶏とたまごの雑炊」

昼食は

「肉じゃがと鮭がゆ」

夕食は

「チキンクリームシチューとクラッカー6枚」


え~とね、どれも「そんなカンジ」って感じです(^^;

味そのものは別に薄いとかはなく、一般的に食べられる感じの味付けでしたが………でも超少ない(ー_ー;
一瞬で食べ終わって、全然ものたんないのー(号泣)

脇でいつものごはん食べてるヨメに、多少なりとも「イラっ」としてしまったのはナイショにしておいてください(笑)

で、夜9時にはコレ。

隣にシナモンちゃん座ってもらって、可愛さ感演出しても、結局「下剤」です。

どうやら結構強力なヤツらしいです。
一般的には数回分なんですが、検査の時はこれ一気に全部飲むんですってー、、、すげーやだなぁヽ(;´ω`)ノ

で、この日は腹もへってるし、起きててもなんか嫌な予感しかしないので(笑)、これ飲んで風呂入ってすぐ寝ちゃったんですが………





その後、夜中の1時30分・3時・5時30分と、どうしようもない事態になり(笑)
3回起きてトイレに駆け込みましたよ。。。はぁ。(´д`lll) ゲッソリ





☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


【2月3日(検査当日)の話】

そしてとうとう『Xデイ』がやってきてしまいました。

夜中3回起きてしまい、その後もあんまり眠れずウトウトした状態で午前7時に起床。

もちろん朝から「やらなければならないこと」あるんです。

それがコレ!!

なんだと思います???

もう言いたくないんですが、わかる人はわかりますね。

またしても「下剤」ですo(;△;)o

これでさらに「お腹の中のものすべて出し切る」んだそうですよ、ああそうですか(←もはや投げやり)

↑のボトルに水で薄めまして、計2リットルの「薬」を、なんと2時間で飲みきります。

ちょっと塩気の強いスポーツ飲料みたいな味で、正直おいしいとは口が裂けても言えないお味。
ちなみにこのコップで12杯分。。。もはや「苦行」以外のナニモノでもありません(>_<) ただし、この時は「口直しの飴やガム等はオッケー」とのことでしたので、せめてもの慰みに、前もっておいしそうなアメちゃん買っておいてました♪

はぁぁ、コレ、かなりおいしかった♪

特に「和栗」味、和風のモンブランみたいでちょーウマウマ(≧∇≦)

おかげで、なんとか「2時間12杯」クリアできましたので、このアメちゃんまた絶対買ってこようと心に決めた瞬間でした(笑)


******************************


そして…………

午前11時48分。

やってきました「決戦の那須赤十字病院!!」(笑)

受付機にカード通しますと「15番にお進み下さい」

案内通り、内科からさらに奥の通路に進んでいきます

はいきた「内視鏡センター」

ここからは撮影禁止となりますので、手短に箇条書きテキストのみで。

・内視鏡センター受付であらためて受け付け、検査着を手渡されまして、更衣室で着替えます。

・上衣はよく見るアレで、Tシャツの上から羽織ってオッケー。

・下衣は、パンツ脱いで不織布でできたステテコみたいなヤツ履きます。
 これなんと「後ろに穴(というかスリット)」入ってるの~(ーー;;

・着替えた後は、しばらく他の受診者のみなさんと一緒に待合室で待ちます。
 当時12~3人いたかな?結構みなさん「されちゃう」んですね(^^;

・1時間くらい待った後、一人ずつ名前呼ばれて診察室に。
 ワタシの名前もとうとう呼ばれて、ドキドキしながら入っていくと……まずは

看護師さん(女性)に「じゃ、診察台に横になって下さいねー、それでは………」

はうぅぅぅぅぅ~(ノ◇≦。)

うう、痛さとかはないんだけど、、、やっぱり「見られ」たり「入れられ」るのって、初めての経験でしたので、かなり感覚としては微妙。

・で、最後のとどめにもう一度「強制トイレ」しまして、お腹の中になにも入ってないの確認

・腸の動きを抑える薬の点滴をされました

これで大体「前準備」が終了ですね。

そして点滴受けたまま、またしても待合室でボーッとしてますと、とうとう「本番」となります。

看護師さん(今度は男性)に案内され、照明落として薄暗くなった診察室に通されますと、先生(男性)が待ってまして、先程と同じように診察台に横になります。

格好としては「膝を折って左側を下に横向きで寝る」状態ですね。

この状態で、看護師さんが点滴口から「即効性の鎮静剤」を投与してくれまして、割とすぐに頭が「意識はあるけど、ちょっとぽや~ん」としてきます。

で、そこでコレ。

先生「じゃ、はじめますねー」

うううううううううう、冷たい手で「いじられ」る~(。>0<。)
ほんの数十秒で、たいした時間じゃないけど、やっぱりキツイわ~。

で、さらにその次の瞬間「入って」来ました





( ´(ェ)`)





まーね、麻酔も効いてたし、鎮静剤で頭ボーッとなってたので、やっぱり痛みとかはほとんど感じなかったんですが、中を「動いてる」感じと「圧迫感」はイイモンじゃないですね。

検査時間は多分2~30分くらい?

小さなポリープ(良性のもの)をいくつか取ったので、やや時間かかったみたいです。
ポリープは一応検査に回すみたいですが、結果としては特に異常はなく「まーダイジでしょ」ってことでした。

・検査終了後はまだ少し意識が朦朧なので、検査室脇のソファベッドで1時間ほど休憩。

・その後看護師さんにアレコレ説明受けてすべて終了

で、麻酔効いてるので車運転しちゃダメだよーって言われましたので、ヨメに迎え来てもらって無事帰宅したのでした。


******************************


今まで「上からカメラ」は何度か経験しましたが、やはりイイモンじゃなかったし、それが今度は「他人には見せられないところ」からの初めてのアレでしたので、非常に「恐怖」だったんですが、まー結局つつがなくで済みまして。

やらないで済むならやりたくないけど、健康のためにはいたしかたないのかなーとか、結果異常なくて良かったなーとか、まーそんな複雑な気持ちを味わいつつの「下からカメラ」だったのでした。

あ~あ、でもまた何年かしたらやるんだろうなぁ(´□`。)

ちゃんちゃん。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


【あふたーの話】

帰宅したのは午後4時ちょっと過ぎころでした。

この時にはもうすでに麻酔も切れてまして、頭もはっきり。
で、そうなると俄然出てくるのが………「食欲」(笑)

まーそりゃそーですよ、前日「病院食」で、当日は「下剤2リットル」だけなんですもん。

でも帰り際に、看護師さんに
「ポリープ切除したのはきちんと止血してありますが、傷口ですから数日間は固いもの・消化の悪い物・脂っこい物は避けてくださいねー」
って言われてます。

「ねー、消化のいい物なんかないのー?」

「いつものうどんなら買ってあるよ」

「あ~!食べる食べる~♪」

てなわけで、ようやくありつく、いつもの「オニックスの鍋焼きうどん」

コレ、ウチの「冬の常備食」ですから(^^)


うひょ~!!おいしいぃぃ~!(≧∇≦)

あぁ、なんかもうご無沙汰ぶりにいただく「ちゃんとした食べ物」

いつもの何十倍もおいしく感じたのでございましたとさ(*^^*)


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


さらにその夜。

そういや2月3日って「節分」じゃないですか。
豆まきはともかく、恵方巻きは食べたいよね~(^Q^)←これでも検査直後

「ねーねー、恵方巻き買ってあるん?」

「病院迎え行くときに『すしおんど』で買ってきたよ。消化良さそうなヤツね」

うむー、個人的には「おしゃしみたっぷり海鮮巻き」が良かったんだけど、イカとかが引っかかっちゃうみたい。

ま、喰えるだけいいよねー♪

中身はレタスとキュウリとカニカマと玉子焼きと、、、あ、サーモンとトビッコ入ってた♪

なんとなく満足しましたわ(o^^o)


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


【おまけ】

恵方巻きネタの続き。

検査の恐怖感紛らわすため、朝からネット見まくってたワタシ(笑)

ちょうどこの日の朝シナモンちゃんがこんなツイートしてました。

ちょっと面白かったんで………その日の夜、ついね。

アングルパクってみちゃったのでした(笑)



おしまい。

2 件のコメント:

  1. お疲れ様と言うべきか、ご愁傷様と言うべきか、とにかくご苦労様でした。
    これなら私が受けた手術の方がよっぽど楽なような気がしますね。
    ともあれ何事もなく晴れて無罪放免。健康が何よりですね。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございますm(_ _)m

      いえいえ、痛さとや苦しさいうのはほとんどありませんでしたから。
      準備段階が辛かったのと、やはりちょっとした羞恥心的なものでしょうか(^^;

      結局、健康が一番。
      これからもおいしく元気に食べられるよう、たまのメンテは必要だと再認識した次第でした。

      削除